経理・財務での失敗例

創業期

mistake01
  • 多忙につき経理業務を決算時期までほったらかしにすることで、節税等の決算対策が間に合わない。
  • 融資や補助金を求める際に、自社の業績がすぐ出せないために準備に時間がかかる。
  • 営業に集中するために経理を採用したが、あまりやることがなくて無理やり仕事を作って作業をふる。その管理に無駄に時間をつかってしまう。

成長期

concept07
  • 経理を採用して月次試算表は出てくるようになったが、それ以上の必要な情報は出てこないため、経営に活用できない。
  • 経理業務のボリュームがまだそれほど多くなく、一定の時期に集中することが多いため、時間を持て余す。経営者は余った時間を有効に活用しようと無駄な仕事を作ってはお願いしてしまう。
  • 規模的に1人の経理職員に依存することとなり、経理業務が属人化している。そのような組織になっていない状況で退職してしまうと、経理業務を1から積上げる必要がある。

上場準備期

mistake03
  • 税務会計から制度会計への移行がスムーズにできない。
  • 属人化している業務を組織的に行う仕組みにするためのノウハウがなく、経理業務が肥大化していく。
  • 上場準備の推進役を担うCFO候補人材を採用したが、期待通りの活躍ができない。組織になじまない。
  • 上場準備のために管理部門強化のために人材を採用したが、業績が計画通りに推移せずに上場計画が先延ばしとなって、管理コストが大きな負担となってしまった。
  • 上場直前企業を渡り歩く「上場ゴロ」ともいうべき管理スタッフを雇用し、上場直後に退職されてノウハウが社内に残らない

成熟期

mistake04
  • 会社の成長拡大による連結決算や開示業務等決算業務の増加に伴い、経理部員は作業に忙殺され作業だけで終わってしまい業務の効率化や経営に有用な情報の提供といったことに手をつけられないままになっている。
  • M&Aによる子会社買収をしたが、子会社決算は買収される前は税務会計で対応したきたため、上場会社決算への対応がスムーズにいかず、親会社での連結決算も時間がかかってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です